マッチングアプリの開発に必須の基礎知識!必要な技術や考え方をご紹介!

このサイトでは、これからマッチングアプリの開発を目指そうと考えている方に向けてアプリ開発のために必要となる技術や考え方といった基礎知識をわかりやすく紹介しています。
また自社でアプリ開発を行う場合の注意点や、保守などメンテナンスを含めたアプリの開発についても詳しく紹介していくので、これから自分でアプリを開発を考えている方や、本格的に企業を考えている方は情報をチェックしておき、参考にすることをおすすめします。

マッチングアプリの開発に必須の基礎知識!必要な技術や考え方をご紹介!

月額制と従量課金制と様々な方法で収益が得られることから、新しいビジネス手法として注目されているのがマッチングアプリです。
マッチングアプリ開発に必要な技術としてプログラミング言語をマスターしていることが必須で、プログラミングスクールでしっかりプログラミング言語の知識学ぶところから必要となります。
開発時の考え方は、どのようなアプリを作るのか要件定義を行い全体のデザインイメージ、実装機能などを含めた設計書を作成しデザイン面でどのようなコードを書くのか、実装機能で必要となるメソッドや変数の内容を決めます。
あとはプログラミングを使用した開発を行い、最終的にテスト・検証を行う流れです。

マッチングアプリ開発の現場で増えるノーコードとは

近年、マッチングアプリなどのアプリ開発現場では、ノーコードでの開発が増えています。
ノーコードとは、ソースコードを記述することなくアプリやWebサービスなどを制作できるツールのことを指します。
従来、アプリやWebサービスなどを開発するには、プログラミング言語でソースコードを記述する必要がありましたが、ノーコードではあらかじめ用意されたパーツやテンプレートを組み合わせることで開発を進めていくことが可能です。
ソースコードを記述する必要がないので、プログラミング言語を習得していない非エンジニアでもマッチングアプリなどを制作可能となりました。
加えて、外部のエンジニアに依頼する必要もなくなるので、開発コストの削減にもつながります。
また、開発時間の大幅な短縮が実現できるのもノーコードのメリットです。
従来の開発方法の場合、ソースコードを記述するのに時間がかかるとともに、バグの発生リスクも伴います。
しかし、ノーコードで開発すればソースコードを記述するよりも時間を大幅に短縮できますし、バグも発生しないので効率的な開発を実現できます。
なお、ノーコードとは異なるものの、その概念に近いローコードというツールもあります。
ローコードは、極力ソースコードを書かずに開発可能なツールで、ノーコードよりも高機能なアプリを開発できるという特徴があります。

ノーコードで開発可能なマッチングアプリの特徴

スマートフォンで利用できるアプリは、C言語を活用したプログラムで構成をされているものです。
通称・コードと呼ばれるものをいくつも用意して、AIによる自動操作を可能としています。
昨今話題となっているマッチングアプリも同様で、この場合はマッチング機能に特化をしたプログラムを用いるのが基本です。
これからマッチングアプリを開発したいけど、ノーコードで作れないかとお悩みの方も多いことでしょう。
結論からいうと、ノーコードでも作成をすることは可能です。
簡単にその特徴を見ていくことにします。
まず開発時は外注に出すことから始めますが、その際のヒアリングで基本操作に特化をしたマッチングアプリにすることを強調しないといけません。
ソフトウェア会社では常に新しい技術と機能を用いてアプリを提供さえるため、一昔前のコード無しは採用されないケースがあります。
特徴としては双方向ではなく、データのみを配信するスタイルとなるものです。

マッチングアプリの開発に必要な費用

マッチングアプリの開発に必要な費用は、アプリの機能をどれだけつけるかで変わってきます。
相手とチャットなどでやりとりができるコミュニティ機能や、相手がどの地域に住んでいるかなどを調べることができるGPS機能があるもので800万から1千500程度かかります。
トップシェアを争う知名度の高いマッチングアプリではこれらの機能の他に、個別にメッセージが送信できるメッセンジャー機能があるものでは数千万円規模の予算がかけられているものの少なくありません。
一般的にはこのメッセンジャー機能に、理想の相手を入力すしておくと、それにあう人が登録すれば知らせてくれるプッシュ機能があるもので開発費は400万~600万、これにコミュニティ機能がつくとさらに高くなります。
これらの費用の内訳はエンジニアに支払う人件費や検索やチャットなどの機能で、その他にもログインを管理したり課金システムなどのアプリには欠かせない機能にかかる金額も加わります。

マッチングアプリの開発に最適なプログラム

マッチングアプリの開発にはプログラムが必要ですが、これはそのマッチングアプリでどのようなことを実現したいのかを考えた後、それを具体的に実現可能なように形にしたものということができます。
つまり、まずは実現したい機能を考えないことには話になりません。
一般的なマッチングアプリの場合、登録された多くの人の年齢・職業・年収・学歴・趣味嗜好など様々な属性情報をもとに、この二人であれば相性が良いに違いないと考えられるケースをピックアップしてお互いに伝えることになります。
となると、機能的に重要になるのはどのような属性であれば相性が良いと考えられるのかになり、ここに他製品との差別化要素が入ってくることになるわけです。
当然ながら、そのためには上に挙げたような項目以外の何か特別な属性を収集するところから始めないといけないかもしれません。
このように事前に内容を考えたうえで、それを実現するために必要なプログラムを作ることになります。

マッチングアプリに関する情報サイト
マッチングアプリ開発の際の注意点

このサイトでは、これからマッチングアプリの開発を目指そうと考えている方に向けてアプリ開発のために必要となる技術や考え方といった基礎知識をわかりやすく紹介しています。また自社でアプリ開発を行う場合の注意点や、保守などメンテナンスを含めたアプリの開発についても詳しく紹介していくので、これから自分でアプリを開発を考えている方や、本格的に企業を考えている方は情報をチェックしておき、参考にすることをおすすめします。

Search